講義

講師と講演料の関係性

講演会のために人を招く際は講師料をお支払いします。講師は当日のために話の内容だけでなく資料を作成してきてくれるため、そのための謝礼金です。講師は安価なケースであれば5万円以下で招くことができます。講演後に講師料を支払いましょう。

握手

イベントを成功させよう

講演を行う際、講師料に関して考えることは必須です。講師料の相場は5万円で、著名人クラスになると50万以上になります。また講演する側は自分自身の講師料の価格表を作成する事が大切です。金額に関しては毎回臨機応援に対応する事が大切です。

ウーマン

依頼の仕方を知って

講師料は相場がわかりにくいものです。あまり少なくても失礼になりますし、高すぎても予算オーバーになります。依頼するときは最初に予算もしくは金額を提示するのが大切です。知名度や講演の形で金額は大きく変わります。

セミナー

源泉徴収をするとは

講師料には、源泉徴収をする必要性があるということをきちんと理解しておくことが求められています。源泉徴収をする際には、税理士などの専門家に相談して正確な金額を徴収することが求められていきます。講師料は、個人に対する源泉徴収が必要な部類の費用となっています。

男の人と女の人

予算を組もう

講師料は人によって異なります。まずは予算を組み、相場を調べてみましょう。講師を派遣してくれる会社に相談すると、30万円台の講師はこの中からというように決まっていることがあります。予算内で選ぶことがポイントです。

講演会を成功させる

男性

安い費用で有名人を呼ぶ

講演会を成功させるためには、講師の人選は重要です。有名人を講師にすれば、講演会に大勢の人が訪れます。しかし、有名人を講師にすれば、講師料も割高になります。知名度が高い人となると、安くても数十万円は掛かります。そこまで費用を拠出できないとなると、それほど知名度が高くない講師を選ぶことも手です。ただ、有名でない人が講師となる場合、前もっての広報が重要です。講師のプロフィールや経歴の他に、どのような講演内容となるのかを周知しておくことです。講演のテーマがはっきりしていれば、興味がある人を集めることができます。しかしながら、時には有名人を安い講師料で呼ぶ裏技も存在します。有名人の中には、講演料を受け取らないという人も大勢います。特に著述業を生業とする人は、講演料を受け取らないという人が多いと言われています。そのような人に公演を依頼すれば、交通費だけの講師料で駆け付けてくれます。この裏技を使う注意点としては、講師の仲介を利用するのではなく、講師本人とコンタクトを取ることです。講師料が必要ないという姿勢は、講演を主な仕事とはしていないということです。講師紹介サイトに名前を載せていないことが殆どなので、直接交渉が必須となります。このような人材を調べてみると、かなりの人が無料で講演を引き受けてくれるのが分かります。そのような人に講演を依頼したら、お金は受け取ってもらえなくとも、心ばかりのお礼をするのが礼儀です。

Copyright© 2017 予算に合わせて講演会を開催しよう|講師料をcheck All Rights Reserved.