講師と講演料の関係性

講義

支払いの流れ

地域の公民館や美術館の講演会場に講師を招いた場合、講師料をお支払いすることになります。講師は講演会に向けて話の内容だけでなく資料を作成してきてくれますので、それに関して謝礼をお支払いします。子供達向けの講演会を開いてくれるインテリジェンスの中には、当日楽しめるゲームやクイズを用意してきてくれる人もいます。講師料には明確な相場額がありません。安価なケースであれば5万円ほどをお支払いし、高価な場合は200万円ほどを想定しておきます。また講師は専門家だけを招く必要はありません。知り合いに仕事で功績を挙げている方がいる場合、そうした方に無料で講演してもらうこともできるでしょう。講師を長時間拘束する場合、講師料の他に食事を用意しておきます。また必要であれば打ち上げや宿泊費などの経費の計上を忘れないようにしましょう。安価な価格の講師を招くとしても、多様なテーマの中から人材をセレクトできます。十万円以下の講師料でも防災や人材育成などについて語れる人を見出せます。逆に講師料が高価な方であれば世間で名の知られている人を招けるメリットがあります。講師料の支払いは講演後に手渡しするケースと振り込むケースがあります。手渡しの場合、素のままお支払いするのは失礼ですから白封筒と新札を用意しておきましょう。また領収書の準備が欠かせません。派遣業者を使って講師を雇った場合は、振込みで入金するのが一般的です。所定の期日内に支払いを済ませるようにしましょう。

Copyright© 2017 予算に合わせて講演会を開催しよう|講師料をcheck All Rights Reserved.