源泉徴収をするとは

セミナー

所得税を徴収するとは

講師料を支払う場合には、気をつけるべきことがあります。それは、講師料から所得税を源泉徴収するということです。源泉徴収に関しては、100万円以下の場合は、支払い金額の10.21%、100万円超の場合に関しては、支払い金額−100万円かける20.42%+12,100円となっています。この計算で徴収した税金は支払日の翌10日までに税務署に支払う必要性があります。期限までに納付していないとペナルティーが生じてしまうこともあるので注意が必要です。講師料に関しては、事前に源泉徴収する必要性があるということを理解していない人はたくさんいます。税金に関する部分は、とても大切なポイントです。イベントや講演などで講師を招くということであれば、講師料だけではなく講師料に関する税金のことも知っておく必要性があります。出来れば、顧問税理士や税理士に相談して確認しておくことがベストです。税金に関してはルールが変更になることも多々あります。講師料は、著名人を招けばかなり大きな金額になることもあります。そのため、税金に関してもかなりの金額となっていきます。講師料のように個人に対して源泉徴収が必要になる場合もあるので、きちんと勉強しておくことも大事です。講師料は、適切な金額を支払っていくことも大切なポイントです。相場より高いという場合には、講師側ときちんと交渉をして適切な金額で招くことも重要です。最近では、講師を招くイベントなども増えていることから相場も調べやすくなっています。

Copyright© 2017 予算に合わせて講演会を開催しよう|講師料をcheck All Rights Reserved.